MENU

朝起きるためには携帯のアラームをセットします。私はお勤めをしていないので、時間はわりと自由で、何時までに起きなければならないということはないのですが、用事がある時などには、アラームをセットして、そのアラームの音で目が覚めます。

 

そして、最初にすることはパソコンを立ち上げることで、まずはメールチェックをします。パソコンの画面を見ていると、覚醒作用があるようで、だんだんと目が覚めて行きます。一晩に届いたメールをチェックしているとはっきりと目が覚めて行くのがわかります。そして、コーヒーを入れてミルクを入れて飲むようにしています。カフェインの働きで目がもっと覚めるようになるのです。

 

あとは、テレビをつけてテレビの情報番組を見ていたら頭がはっきりとしてきて、すっかり目が覚めてきます。やっぱり一番目が覚める要因となるのはパソコンの画面を見つめて作業をすることだと思います。

 

急ぎのメールの返信をするときなど、文章を書かねばならないので、頭が急速にはっきりとして行って、目が覚めます。パソコンのディスプレーから発せられるブルーライトはエスプレッソよりも目をさます働きがあるということで、そのために目が覚めているのだと思います。

 

ブルーライトってご存知ですか?

 

パソコンやスマホの画面が発する青色の光のことです。これを目から取り込むと覚醒作用があるのです。

 

よく中学生、高校生などスマホを夜いじりすぎて眠れなくなるという話を聞くと思いますがその作用ですね。

 

それを逆に利用して朝起きるときにパソコンやスマホの画面を見てしばらくすれば脳が覚醒していくことになります。ただ目に良くないと言われているので、ほどほどに利用されると良いのかなと思います。