MENU

朝起きるために工夫してることとは

 

 

人それぞれ夜の眠りと朝の起床にはなにかしら課題を感じてる、あるいは感じていたという方が多いのではないでしょうか。

 

そしてどのようにすれば朝スッキリ起きれるのか自分で検討したり、安眠グッズを試したり、様々な目覚まし時計を試したりしたことでしょう。

 

そんな中でいま朝起きにくいかたが起きれるようになる何かヒントになるものをご紹介したいと思います。

朝目をさますための工夫コラム記事一覧

低血圧なので朝の起床は学生時代から苦手です。気持ち良く目覚めるために、好きな曲だけでなく好きな声優さんの着ボイスを目覚まし時計のように使っていたこともあります。しかし、起きるのは起きますが、スッキリではありません。結局、1番スッキリと起きるためには、早く寝ることでした。朝活という言葉が流行っているように、早寝早起きによって、今まで夜にしていたことを、朝にするように変えたのです。夜は遅くても11時に...

朝起きるためには携帯のアラームをセットします。私はお勤めをしていないので、時間はわりと自由で、何時までに起きなければならないということはないのですが、用事がある時などには、アラームをセットして、そのアラームの音で目が覚めます。そして、最初にすることはパソコンを立ち上げることで、まずはメールチェックをします。パソコンの画面を見ていると、覚醒作用があるようで、だんだんと目が覚めて行きます。一晩に届いた...

私は朝が苦手なので起きるためにあれこれ工夫をしています。一番効果があるなと思っているのは、寝る前にレースのカーテンだけにすることですね。すると太陽の光で朝自然に起きることができます。目覚まし時計を使うと辛いですが、太陽の光を浴びて起きるのは辛くありません。朝起きたらすぐにシャワーを浴びるようにしたらスッキリして朝食を食べることができ、元気に出勤することができます。あとは朝ごはんは好きな物を食べるよ...

私が朝、目を覚ますためにやっていることの一つにラジオをかけたままにして夜から朝を過ごしていることが挙げられます。対象は主にNHKの深夜便が多いですね。様々なテーマが語られており、耳を傾けながらいつしか深い眠りに陥っている。というのが日常ですが、残念なことに目覚めた頃にはきれいさっぱり雲散霧消しているのが現実です。毎朝、ラジオ体操の耳に慣れた音が聞こえてくると、身体は眠ったまま、精神だけは起きている...

目覚まし時計を愛用しています。今では、スマートフォンなどを目覚まし時計の替わりに利用している人も多いと思われます。しかし、我が家では、電波時計の目覚まし時計を愛用しています。さて、質の良い睡眠を確保するためには、コツも必要だと思われます。たとえば、朝は、決まった時間に起きるようにしたほうがいいと思っています。そのためにも、目覚まし時計は必需品だと考えています。そして、夜、寝つきがよくなるためには、...